このサイトでは、フォトウェディングをどんな場所で撮るかのロケーションの選び方から、業者の選び方、ウェディングフォトとの違いについてまで、幅広くご紹介しています。
2人だけでおこなうものと思われがちですが、家族に参加してもらう場合もある写真だけの結婚式の特徴や、一体どのくらいのカップルが利用しているかの割合にも触れています。
これから写真だけの結婚式をしたいカップルには役立つ内容です。
参考にして素敵なウェディングにしましょう。

フォトウエディングはどこで撮る?憧れの場所でロケも可能

フォトウエディングはどこで撮る?憧れの場所でロケも可能 フォトウェディングの撮影場所はスタジオの場合、写真館などの屋内で写真を撮ります。
ロケーション地の撮影では写真だけの結婚式とも呼ばれているフォトウェディングは、一般的な結婚式とは違って、専門の式場やホテルなどでおこなうわけではありません。
どの場所を選ぶか、ロケーションの自由度が高いのがその魅力の1つでもあります。
もちろんスタジオが良ければ、写真スタジオを利用することも可能です。
しかし、折角の機会なのだから、屋外の素敵な所で行いたいと考えるカップルも多いでしょう。
フォトウェディングは、それが可能となるウェディングです。
使用許可が下りれば憧れのチャペルや観光名所でもすることもできるほか、公園や海辺などを選ぶこともできます。
出会いの場や愛を育んだ場所など、2人にとってのみ意味がある大切な思い出の場所ですることも可能です。
また、人生の門出に2人にとっての憧れのロケーションを選び、それを背景に記念に残る写真を撮ることもできるでしょう。

フォトウェディングの場所をスタジオで撮る

フォトウェディングの場所をスタジオで撮る フォトウェディングの撮影場所はスタジオの場合、写真館などの屋内で写真を撮ります。
ロケーション地の撮影では雨が降ったり天気が悪いと中止になったり、出来上がりが悪くなったりしますが、スタジオ内であれば雨に合うこともありません。
同じ場所で色んな衣裳やパターンの撮影ができ、メイクや着替えなども素早くできるため、洋装や和風など、色々な衣裳を着てフォトウェディングを撮りたいというカップルに向いているでしょう。
また、結婚式当日は、スケジュールの進行もあって忙しいものです。
ゆっくりと写真を撮る間がなかったりもします。
フォトウェディングなら好みの背景やセットの中で、ゆっくりと時間をかけてカップルで撮影ができます。
素敵な衣裳を着た姿で、大切な両親や姉妹・兄弟ともに一緒に思い出を記念に残しておきたいというときにも利用するとよいでしょう。
スタジオの撮影なら、家族の一員であるペットも同伴して写真を残すことも可能です。
観光地やリゾート地、神社などでのロケーション地では、人の目も気になりますし、写真を撮る場所を一定時間使うわけですから、遠慮もしてしまうでしょう。
色々なことが気になるので、屋内の撮影の方が、誰の目も気にすることなく、リラックスしながら写真が撮れます。

スタジオで撮影するフォトウェディングは思い出にも残る

結婚式を挙げずにフォトウェディングを行う方も増えていますが、その両方を選んでいる方も多いです。前撮りをすることで、結婚式の日はバタバタすることなく過ごせますし、式や披露宴に集中することが出来ます。スタジオ撮影でのフォトウェディングは、衣装もチェンジ出来たり好きなポージングでの撮影、また小物を使ったお洒落な写真も可能です。
データはもらえるところも多いですし、ウェルカムボードに使う事が出来たり年賀状や結婚の報告のはがきでも利用することが出来ます。カメラマンに撮影してもらう写真は、素人さんでは撮影できない写真ですし、本格的です。アルバムも作成依頼が可能ですので、素敵な写真を集めて企画してみるのも良いです。口コミ評判で高評価のスタジオは、仕上がりも個性的であったりカメラマンの技術も高いという事も反映されていますので選ぶ価値が有ります。フォトウェディングは料金だけではなく口コミや評判なども参考にしてみましょう。

フォトウェディングならば合成で理想的な写真ができる

結婚披露宴は、多くの人に祝福してもらえる素敵なイベントですが、新郎新婦は分刻みのスケジュールになりますから余裕がなくなり写真撮影もあわただしくなります。なので別の日にフォトウェディングを行えば、場所や衣装を自分の好きなように選べるし時間に追われることもなくなるので、納得のいく写真が撮れます。そんなフォトウェディングですが、撮影する状況によっては、美しい花や海を隠すように通行人や車が通っていたり、雲の影ができてしまったりと仕上がりが損なわれることがあります。普通の写真撮影なら、それでも仕方がないと受け入れるでしょうが、せっかくフォトウェディングをするならば最高の写真にしたいと思うのが自然です。そこでフォトウェディングの撮影を請け負っている業者に頼めば、合成で邪魔になっている人や車などを消すことができます。そうすれば、新郎新婦だけがいる写真を合成することもできるので、プリントしてどこかに飾るときにも余計な人や物が気になることはありません。

フォトウェディングにかかる費用はどれくらい?

挙式はしないけれど、思い出に残る写真を撮る、いわゆるフォトウェディングを選ぶ人が増えています。結婚式や披露宴を行うよりもずっと費用は抑えられますが、実際にどれくらいかかるのでしょうか。
店によって異なりますが、フォトウェディングの基本プランには、撮影料や衣装代(着付け、小物一式、ヘアメイク、アクセサリーを含む)、写真データやアルバムが含まれていることが多いです。撮影料については、どこで写真を撮るかで料金が変わります。スタジオ撮影のみの場合、基本プランで10万円から15万円程、外で撮るロケーション撮影の場合は15万から20万円程度が相場です。衣装によっても異なり、和装の場合は洋装よりも1万円程度高くなるでしょう。また基本プラン以外にかかる費用についても注意しましょう。例えば写真データやアルバムの追加、衣装のランクアップ、土日撮影時の割増料金、ロケーション撮影の場合は移動費や入園料が発生するケースがあります。

憧れの和装姿で残す、手軽なフォトウェディング

小さい頃から白無垢姿での式に憧れていた、友だちの結婚式での色打掛を見て、自分もいつか着たいと思っていたという方は多いのではないでしょうか。
フォトウェディングは文字通り写真で残す結婚式のことで、通常の結婚式よりも手軽に結婚式の写真を残せることが魅力です。フォトウェディングでは、挙式や披露宴の進行やゲストのおもてなしに気遣う必要がないので、白無垢や色打掛などの和装衣装も、時間をかけてお色直しをして写真撮影に専念することができます。式の準備のために何度も式場に通って準備をする必要もないので、時間のない方やおめでた婚、パパママ婚などの方にもおすすめです。また、観光名所や自然の風景、街中など、お気に入りの場所でのロケーション撮影が楽しめるフォトウェディングもあります。結婚式の写真は残したいけれど準備やゲストを招待するのは負担に感じる方、費用を抑えて憧れの和装結婚式の雰囲気を楽しみたい方にはフォトウェディングをお勧めします。

フォトウエディングをするときには事前に業者に相談して準備

フォトウェディングを行うには事前の準備が大切になりますが、最初に業者を決めることから始まりそして相談とフォトウェディング撮影、最後に出来上がった写真の確認までが必要な作業になります。
業者をネットや口コミなどで調べることも出来ますが、専門の会社も多いので価格と自分たちが撮りたい写真のイメージに近いところを選ぶことが必要でです。その後は本番の相談を行いますが、2人の思いでの場所で撮りたい場合には機材の運搬やウェディングドレス、タキシードへの着替えが出来る場所が有るのか、撮影機材を運ぶ車に着替えるスペースが有るのか等を確認することが必要です。
フォトウェディングをメインに扱っている会社では、機材の車の他にロケ車と呼ばれる、メイクや着替えの出来る車を用意してくれる場合も有ります。そして野外での撮影で注意したいのは天候で、雨の場合は日程を変えることが可能なのなどのチェックも事前に聞いて置くことが必要です。大切な思いでとなるフォトウェディングを撮影するためには、事前の準備と打合せが重要です。

フォトウェディングでは撮影技術も求められます

コロナ禍ということもありますし、結婚式をあげずにフォトウェディングで済ませるというカップルも今実は多いです。
そうなりますと撮影をする時にも思い出に残るようなシチュエーションで行いたいという声も寄せられていますし、撮影技術の高いカメラマンに依頼したいという事で考えている方も多いのではないでしょうか。依頼するカメラマンや会社次第でフォトウェディングの仕上がりは大きく違ってきますし、満足度もきっと違ってきます。費用はそれなりに違いますが、選んで良かったという声が多く寄せられている所は選ぶメリットも有りますしお勧めです。どういった仕上がりになるのか、実例がサイトに掲載されている所も有りますので要チェックです。実際に撮影された写真を見てみると、こういう風にとってもらいたいという要望もうかんできます。撮影技術は設備によっても変わってきますし、技術は依頼してみないと素人さんではわからない部分もあるので実例が参考になります。

フォトウェディングは効率よく撮影出来る機材があるか無いかも重要

コロナ禍という背景もあり、本当は結婚式を挙げたいけれどフォトウェディングだけにするというカップルも今実は増えている傾向が見られます。オンラインで行う結婚式というのもありますし、リモートは様々な所でも利用されているということも注目です。
結婚式をあげないのであれば、フォトウェディングは最高の物にしたいという事でこだわっている方も多いのではないでしょうか。選ぶスタジオも重要になってきますし、場合によってはカメラマンに出張してもらいシチュエーション撮影を行うというのもありです。海や教会等リゾート的な所で撮る写真は特別感もありますし、撮影時の思い出も一緒に残すことが出来るというメリットも有ります。そこで使用する機材は充実している物を揃えているスタジオは仕上がりにも良い影響が出ることが想定されますし、選ぶ時の一つの基準にしてみるのもお勧めです。実例が掲載されているサイトなどを確認してみると、仕上がりもチェックできます。

フォトウェディングを外国で撮影したい際にはプランを活用する

結婚式という方法の他に、自由度の高い記念撮影としてフォトウェディングを利用する人も増えてきています。ドレスだけでなく和装を楽しむ事ができ、スタジオ撮影や屋外での撮影など様々なシチュエーションを楽しめるのも魅力の1つです。
フォトウェディング自体を国内にとどまらず、外国での撮影なども希望する場合はあります。海外での撮影を希望する場合は、フォトスタジオなどが提案しているプランを利用するのがより便利です。海外へのハネムーン予定と合わせて利用できるプランや、衣裳やメイクなど多くのサービスが利用できるプランなども選ぶ事が出来ます。全てを自分達で準備するとなると高額な費用が必要になるケースが多くありますが、プランであれば便利なサービスを活用しつつリーズナブルに海外でのフォトウェディング撮影ができるのが魅力です。スタジオによって提案しているプラン内容には違いがあるので、多くのプランを比較した上でより希望通りのプランを選ぶ事がポイントといえます。

フォトウェディングではジャンプした姿も撮影できる

結婚式は夫婦になるカップルにって思い出深いだけでなく、大きなイベントでもあるので準備も含めてよい式にするために色々工夫する事も多いです。ただし結婚式の場合は多くの招待客もおり、スケジュールにあわせて結婚式は進められるので写真撮影はなかなか新郎新婦の希望通りというのは難しい場合があります。
そのため結婚式ではなくより自由な写真を残したい場合に、フォトウェディングを利用は有効的です。フォトウェディングの場合はドレスだけでなく和装として着物を着る事もでき、色々なシチュエーションで撮影する事ができます。結婚式ではマナーや周りへの配慮の元に行う必要がありますが、フォトスタジオであればジャンプした姿で撮影するなど工夫できるのが魅力です。着物でも厳かでおしとやかな姿だけでなく、おどけたり脚をあげたりと自由なポーズで撮影する事が出来ます。結婚式とはまた一味違った写真を撮影できるので、より思い出深い姿を残す事ができます。

フォトウェディングでロマンチックな写真を撮るためのアイデア

これからフォトウェディングをするなら、ロマンチックなシチュエーションでの撮影ができるように計画を立ててみてはどうでしょうか。フォトウェディングは結婚の記念に写真だけを撮るという意味ですが、結婚式をしないカップルの場合は二人のこだわりを詰め込んで素敵な写真を残すのがおすすめです。そのために考えられるフォトウェディングのやり方には、チャペルの他に海や庭園など、ロマンチックな雰囲気が演出できる場所に行って撮影するという方法があります。
また、写真スタジオの中で撮影を行う場合には、ウェディングドレスや和装の婚礼衣装など、当日の服装に合わせた小物を用意するとオシャレな写真が撮れる可能性が高くなります。ちなみにおすすめの小物は、花嫁さんをより美しく見せる効果が期待できるブーケ、幸せで楽しい雰囲気が演出できるシャボン玉や風船などです。
それから、フォトウェディングで素敵な写真を撮るコツには、二人のポーズを工夫するというやり方もあります。手をつないだり見つめ合ったり、ハグをしたりなど、結婚した二人の仲睦まじい姿を写真に残しておくと一生の記念になるでしょう。

家族とペットも喜ぶフォトウェディングの魅力

最近では、新郎新婦たちの多くが、大切なペットのためにあらゆるイベントを活用しています。
その中でも特に注目を浴びているのが、ペットも一緒に撮影可能なフォトウェディングサービスです。
家族の一員として暮らしている犬猫と共に思い出作りができ、非常に高い人気を誇っているのです。
また、フォトウェディングを撮影する際には、プロのカメラマンやヘアスタイリストなどのスタッフが現場で手厚くサポートしてくれます。
いつでも気軽に相談しやすく、頼りになる味方です。
さらに、動物の体やメンタルに負担をかけないよう、細心の注意や心配りを行っています。
しっかりと撮影に専念できる点も大きなメリットといえます。
このように、いつまでも記念として残せるこうしたサービスは、新郎新婦や親族の間で感謝されているのです。
口コミによる評価も高く、今後も広く浸透していくこととなります。
大好きなペットと人生のイベントを共有できる幸せなプランといえます。

フォトウェディングで主流となっているサービス

結婚式には様々なスタイルが増えてきていますが、その中の1つにフォトウェディングがあります。
結婚式場をでの式を行うのではなく写真撮影を行うスタイルの結婚式です。
新郎新婦だけでの写真撮影の他に、プランによっては家族や友人の他にペットと一緒に撮影するといった方法なども選ぶ事が出来ます。
フォトウェディングでのプランやサービスの内容は豊富にありますが、主流になっているサービスが写真加工です。
撮影した写真をそのまま利用するのではなく、新郎新婦の要望に合わせて加工してもらう事が可能となってます。
全体的な色味を調整するだけでなく、照明や不要物などを削除するといった事も可能です。
新郎新婦の肌を美肌加工を行うだけでなく、フェイスやボディーラインなども加工によって補正要望にも対応する事が出来ます。
過度な加工も要望があれば金額に合わせて対応してもらう事ができるので、より理想的な写真を残す事が可能となっているのがポイントといえます。

人気があるフォトウェディングの婚礼衣装の種類

フォトウェディングを、どのような婚礼衣装でするべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
フォトウェディングの選択肢はいろいろありますが、多くの場合は和風や洋風のどちらかを選択しています。
和風なら男性は羽織袴、女性は白無垢や色打ち掛けなどを着用します。
結婚式の場合には女性は白無垢なら綿帽子、色打ち掛けなら角隠しを被るのが基本ですがフォトウェディングの場合にはこれらを被らずに洋髪にすることも少なくありません。
洋風にするときには花婿はタキシード、花嫁はウェディングドレスやカラードレスを着用することが多いです。
タキシードは白や黒、グレーなどの選択肢があります。
ドレスのデザインは様々で、プリンセスラインやマーメイドラインなど様々なタイプが選べます。
また珍しいスタイルには各地の民族衣装が挙げられるでしょう。
特にリゾート地のフォトウェディングサービスでは、その土地の民族の婚礼衣装で出来ることがウリになっていることもあります。

フォトウェディングで良い表情を撮影するポイント

結婚式のスタイルとして写真撮影を行うのが、フォトウェディングであり人気があるサービスの1つです。
写真自体は新郎新婦のみで撮影する事が多く、洋装だけでなく和装などの多くの衣装を楽しめるのも魅力となります。
屋内だけでなく屋外でも撮影する事ができるので、理想のシチュエーションでの写真を残せるのが強みです。
実際にフォトウェディングでは良い表情を残す事が重要ですが、笑顔を作るぞと構えない事がポイントになります。
また撮影自体もプロのカメラマンに依頼することで、ちょっとした仕草や普段の雰囲気のまま写真を撮ってもらう事が可能です。
普段の自分達がどんな時に笑っているのかを意識し、無理に笑顔を作ろうとしないという点も重要です。
自然体の中でこぼれる笑顔は自然だからこそ、新郎新婦の魅力を最大限に活かす写真にする事が出来ます。
お互いに話しながら撮影を進めると、ぐっと普段の状態のまま良い表情を自然と作るポイントといえます。

フォトウェディングは小物使いでおしゃれになる

フォトウェディングをするときには、お洒落な1枚を撮りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
お洒落さにこだわった写真を撮りたいならば、小物使いにこだわったフォトウェディングをするのもおすすめです。
例えばタキシードやドレスなどの洋装なら、花嫁は手にウェディングブーケを持つと結婚式らしい雰囲気のある写真にすることができます。
和装の場合には女性が着物に合わせた、丸い鞠型のブーケをぶら下げて持つのもおすすめです。
他にもフォトウェディングに向く撮影小物には、ブライダルリングがあります。
このときの指輪は、結婚指輪でも婚約指輪でも良いでしょう。
結婚を思わせる写真にすることができるのでフォトウェディングにはピッタリです。
和装の結婚写真に使われることが多い定番の小物には、和傘や洋風の日傘があります。
和傘は男性が持っても女性が持っても良いアイテムです。
洋風の日傘は和装の女性が持つとお洒落でレトロモダンな雰囲気になります。

式をしない若者に人気のフォトウェディングとは

結婚式は結婚する男女がお世話になった人などに結婚の報告をする場として昔から広く行われてきました。
しかし最近では式を挙げない若者もかなり増えてきました。
その理由としては大きな式はお金がかかること、また大人数の前で式を挙げることが気持ち的に嫌なこと、そしてここ数年の感染症の拡大による問題などが挙げられます。
しかし、式は挙げたくなくても自分たちが結婚したことは何らかの形で残したいという若者の間で今人気となっているのがフォトウェディングです。
フォトウェディングはその名の通り写真のウェディングです。
新郎新婦がドレスやタキシードなどの衣装を着用して、チャペルなどで写真を撮ることです。
これは招待客などは呼ばず自分たちだけで行うことができるため、日程の調整がしやすく料理等の提供をする必要もないため安価に行うことができます。
また、カップルのみと言っても親族は招待することができたり、プランによっては一緒に写真に写真を撮ることもできるため、家族だけで形に残したい人にぴったりです。
そして写真を撮るローケーションもチャペルなどだけではなく屋外の観光地やビーチなど様々な場所に対応しているため、人とは違った特別なウェディングができます。
結婚式を迷っている人は今若い人たちに人気のフォトウェディングを検討してみてはいかがでしょうか。

ホテルでのフォトウェディングは効率的でおすすめ

プロポーズされ、披露宴や挙式を行わず写真を撮影するフォトウェディングを行う場合、写真館やロケーション撮影など依頼する会社によっていろいろと得意とするプランがあります。
プランを見た時候補が沢山あって、どこで写真撮影をお願いしていいか迷ってしまう場合は、ホテルでのフォトウェディングも検討してみるのがおすすめです。
まず、大きい会場でしたら教会が併設されています。
そのため、教会でのフォトウェディングを撮影することも出来ます。
多種多様なお式に対応ができるように、館内には和装も洋装も映えるロケーションスポットがある場合が多く、あちこち移動をしなくても一か所で雰囲気を変えながら撮影できるというメリットもあります。
仕事などで忙しく、使える時間が限られているという人にもいいでしょう。
またフォトウェディングに両親や親戚の立ち合いを希望していて、遠方からくる場合ホテルであれば疲れた時に休む部屋をキープできる可能性もあります。

フォトウェディングは素敵なロケーションで思い出に残る撮影を

コロナ禍もあり、現在は挙式や披露宴を行わず結婚するカップルも増えています。
そんな中、写真だけでも思い出に残しておきたいと、フォトウェディングを選択する夫婦もいます。
フォトウェディングですと、好きなロケーションで撮影ができるため、季節感や躍動感が写真にでておすすめです。
折角ロケーション撮影でフォトウェディングを行うのであれば、春は桜が咲き乱れる中や、夏はヒマワリといった花畑で撮影したり、夕方の海など、自分たちの好きな場所や思い出の場所でフォトウェディングを行うのもおすすめです。
普通の結婚式だと招待状の作成や料理メニューを決めたりと色々時間がかかるうえ、決めなければならない事も多く仕事が忙しい人では難しいかもしれません。
ですが写真だけであれば打ち合わせも最小限に、素敵な思い出を作ることができます。
いまは家族や友人参加型も可能なところがあるため、興味がある所に問い合わせる時確認しておくと、どうしてもドレス姿を見せたい人にはみせることができ、おすすめです。

友人参加型で思い出に残るフォトウェディングを

現在は派手な挙式や披露宴を行わない家族婚や、フォトウェディングのみ行って入籍するカップルも増えています。
披露宴を行わない選択をすると、なかなか友人にドレス姿を見てもらったりといった事がかなわない場合もあります。
しかし、友人参加型のフォトウェディングなら、思い出も作れて友人たちに感謝を伝える事も可能です。
食事をしないため感染リスクは下がりますし、ドレス姿で来てもらわなくてもいいため、カジュアルでアットホームな雰囲気の中写真撮影ができます。
友人参加型のため一緒に写真を撮ることもできますので、楽しく思い出に残るフォトウェディングになる事間違いなしです。
ご祝儀などもお断りしておけば、友人の費用面での負担もグッと下がりますし、どうしてもドレス姿を見てほしい友人がいる場合は検討してみるのもいいでしょう。
その場合は、一緒に写真におさまっても大丈夫か、見学は可能かなどフォトウェディングをお願いするスタジオや会社としっかり打ち合わせを行う事も大切です。

フォトウェディングはカメラマンにこだわろう

大切な思い出を残すことができるフォトウェディング。
結婚式を挙げる代わりに写真だけで我慢するようなカップルも増えています。
もし、フォトウェディングを行うのならカメラマン選びは重視するようにして下さい。
撮影者によって、撮った後の写真の出来栄えが大きく変わります。
選ぶときは、できるだけウェディング写真を撮り慣れているところを選ぶのがいいでしょう。
このような人は、フォトウェディングの経験が豊富にあるのでいい写真を撮ってくれます。
逆に経験がない人に頼んでしまっては、二人の思い出を最高の形で残すことはできません。
フォトウェディングをするのなら、絶対にカメラマンにはこだわるようにして下さい。
依頼する人によって料金は変わりますが、いい写真を撮りたいなら安い価格で対応してくれる人は避けるようにしましょう。
このような人は写真の質が悪いことがあるので、結婚という大きな思い出を綺麗な写真に残すことができなくなります。

ウエディングフォトのスタジオ紹介

岡山 フォトウェディング